bg

大京都芸術祭 2020 in 京丹後

開催期間:
10月23日(金)〜25日(日)、10月30日(金)〜11月3日(火・祝)、 11月6日(金)〜8日(日)、11月13日(金)〜15日(日)

開催時間:10 : 00 - 17 : 00(ガラシャ荘は16:00まで、浅茂川区民会館は10/31は閉場)

展示会場:
吉村機業(株)旧織物工場 / 浅茂川区民会館 / にしがき網野店二階 / 網野町ボーリング場跡地 / ガラシャ荘 / 三津八幡神社芝居舞台

ゲストアーティスト:SIDE CORE(アートコレクティブ)
地域クリエイター:DAISAK / NTsKi / 川勝 小遥
参加アーティスト:石毛 健太 / 高橋 臨太郞 / 田中 良佑 / 前谷 開 / 鷲尾 怜


新たな取組として、京都府と友好提携にあるフランス・オクシタニ州と日仏アーティストの相互派遣を行い、国際文化交流を実施することとしていましたが、 新型コロナウイルス感染症拡大防止の観点から、今年度の取組につきましてはオンラインでの実施することとし、詳細はウェブサイトなどでお知らせしていきます。

風景泥棒 2
Landscape Rippers2

京都府では、アーティストが地域交流しながら創作活動を行うことで地域住民に幅広い文化芸術に触れる機会を提供し、地域の活性化へ繋げる取組としてアーティスト・イン・レジデンス事業「京都:Re-Search」を実施し、地域が本来持ち得ているポテンシャルやその魅力をアートの視点から引き出すことを試みています。

2019年度のアーティスト•イン•レジデンス事業展覧会「大京都 2019 in 京丹後」では6組のアーティスト達が参加し『風景泥棒』というタイトルの展覧会を開催しました。

風景泥棒とは実際に何かを盗むのではなく、アートを通じて「風景の見え方を変化させてしまう」という意味です。ここで意味する風景とは人の営みや文化、歴史など広い意味を含みます。
アートは時に、当たり前に見える日常の風景が作品鑑賞をきっかけに「全く違ったものに見えてしまう」という経験を生むことがあります。
それは必ずしも全ての人に起こることとは約束できませんが、具体的には目に映る風景がまるで誰かの絵の中の世界に感じたり、壁の落書きが、見知らぬ外国の土地を思い起こさせたりという体験です。
昨年度の展覧会は丹後の近代化を象徴するちりめん織の名家「吉村商店」の工場跡をメイン会場として開催されましたが、今年はさらに京丹後市内各所に会場を拡大します。また京丹後在住のアーティストの参加も加え、本年度は9組のアーティストが展覧会に参加します。
実際に京丹後の多様な風土を巡りながら、アーティストそれぞれが京丹後で盗んだ風景を、あなた自身の目に焼き付け(インストールし)に展覧会に遊びにきてください。 それは京丹後に暮らすみなさんにとって新鮮な目で街を再発見するきっかけになるかもしれませんし、初めて京丹後を訪れる方々にとっても、 自分自身の街をみる眼差しを転換させるきっかけになればと考えています。
どうぞよろしくお願いいたします。

プログラム / 関連イベント

発熱等の症状がある方はご来場をお控えください。
マスクを着用の上互いの距離を1〜2m程度あけてください。
なお、新型コロナウィルス感染症の拡大状況により、実施内容を変更する場合があります。ご了承ください。

  1. オンライン配信トークイベント

  2. オープニングセレモニー / 浦島太鼓演奏 浅茂川区民会館前

  3. 展示バスツアー

  4. 展示バスツアー

  5. 展示バスツアー

  6. 展示バスツアー

  7. 浦嶋太鼓演奏 網野町浅茂川区文化祭 浅茂川区民会館前

  8. 展示バスツアー

  9. 展示バスツアー

  10. 展示バスツアー

  11. 展示バスツアー

  12. 展示バスツアー

展示バスツアー(土・日・祝日運行)

時間 12 : 00
集合 峰山駅前
参加費 無料(お弁当実費 1,000円)
定員 20名/日

12 : 00 峰山駅集合
12 : 10 峰山駅出発 > 12 : 20 吉村機業(株)旧織物工場 > 14 : 05 ガラシャ荘 > 15 : 10 三津八幡神社芝居舞台 > 16 : 00 網野町ボーリング場跡地 > 16 : 40 浅茂川区民会館 > 17 : 05 にしがき網野店二階 > 17 : 35 網野駅 > 17 : 50 峰山駅

申し込みフォーム

オンライン配信トークイベント(10月23日(金)18:00〜20:00)

キュレーター x アーティストトーク

勝冶 真美 Mami Katsuya
京都芸術センター プログラムディレクター
1982年広島市生まれ。広島市立大学国際学部卒業。京都芸術センター、アートコーディネーター、公益財団法人有斐斎弘道館学芸員を経て、現職。現在はアーティスト・イン・レジデンスプログラムや展覧会事業等を担当し、事業企画・運営を行なう。

慶野 結香 Yuka Keino
キュレーター/青森公立大学国際芸術センター青森[ACAC]学芸員
1989年生まれ、神奈川県出身。東京大学大学院学際情報学府修士課程修了。2014年から2016年まで秋田公立美術大学ビジュアルアーツ専攻、社会貢献センター(現・アーツセンターあきた)助手。サモア国立博物館を経て、現職。

青木 彬 Akira Aoki
インディペンデント・キュレーター
1989年生まれ。首都大学東京インダストリアルアートコース卒業。アートプロジェクトやオルタナティヴ・スペースをつくる実践を通し、日常生活でアートの思考や作品がいかに創造的な場を生み出せるかを模索している。社会的擁護下にある子どもたちとアーティストを繋ぐ「dear Me」企画・制作。まちを学びの場に見立てる「ファンタジア! ファンタジア! ─生き方がかたちになったまち─」ディレクター。「喫茶野ざらし」共同ディレクター。

ゲストアーティスト

  • SIDE CORE

    SIDE CORE

    アートコレクティブ

    2012年より活動開始。
    メンバーは高須咲恵、松下徹、西広太志。美術史や歴史を背景にストリートアートを読み解く展覧会『SIDE CORE-日本美術と「ストリートの感性」-』(2012)発表後、問題意識は歴史から現在の都市や身体へと移行し、活動のを実際の路上へと広げている。「生きている東京展」(ワタリウム美術館・2020)「Out of Blueprints」(Serpentine Galleries・2020)

地域クリエイター

  • DAISAK

    DAISAK

    陶芸家

    1986年京都府生まれ。
    京都精華大学大学院修了後、山中Suplex( シェアアトリエ)にて制作。2018年から京丹後市網野町に移住し自身の工房で制作。 地球上に存在する全ての物を参考にし、置物や食器などNEWでOLDな陶器を作っている。[ 取り扱い:VOU(京都)BEAMS JAPAN( 東京、京都)New PurePlus(大阪)On Sundays(東京)BULLPEN(東京)JOURNAL STANDARD( 京都)okini器物書(台湾)]

  • NTsKi

    NTsKi

    シンガーソングライター/プロデューサー

    京都府育ち。
    どこか不気味さの漂うボーカルと多様な音楽性が混在するトラックを制作しシームレスに活動。セルフ・プロデュース作以外では、〈TAR〉から食品まつり a.k.afoodman、〈Orange Milk〉からCVN、〈EMRecords〉から7FOとのコラボ楽曲をリリース。田我流のアルバム『Ride On Time』への参加、落合陽一氏が統括ディレクターを務めたSXSW2019に出展された経済産業省主催日本館への楽曲提供などがある。 ntski.com

  • 川勝 小遥タ

    川勝 小遥

    アートプロデューサー/アーティスト/万年倉庫 代表 他

    1990年京都府生まれ。京都市出身。
    東京造形大学サステナブルプロジェクト専攻卒業。東京に拠点を構えながら、京都府宮津市、cluster、ホテルにて、アーティストのレストハウスや社交場を作り、参加者が自身の価値を見出し、その人らしい生き方をするキッカケ作りに取り組む。また、そこに関わったアーティストの活動をライターとして発信する傍ら、インスタレーション、コラージュ作家として国内外で様々な展示に参画する。

リーフレット

概要やスケジュール詳細はこちら

チラシをダウンロード

お問い合わせ

京都府文化スポーツ部文化芸術課

〒 602-8570京都市上京区下立売通新町西入薮ノ内町